フレンチブルドッグのび太と新堂雄一郎(しんどうゆういちろう)の愉快な生活

2010. 8. 23 Monday 【晴れ】
池袋西口の駐輪場。こうやって自転車を眺めるとかなりの量。でも、自転車活用が増えるとエコかも。
昼間の駐輪場はこんなかんじで入れるにも出すにも大変です。
内田康夫の本。
沢山読んで自宅に余っていたのでブックオフに持って行くと1冊50円
100円で買ったので、半値。
でも、50円で1冊本が読めるのがラッキーかも。
そして、AppleStoreオンラインで初めてiPodnanoを注文。
自分用ではなく、プレゼント用です。
iPodnanoの後ろに刻印無料サービスがあるので活用。
お店では出来ない、世界に1つだけのiPodnano。
プレゼントには良いかも。
2010. 8. 24 Tuesday 【晴れ】
成分献血の機械。きっと高いと思うが、個人ではまったく欲しいとは思わない機械。100万円ぐらいするのかな?
採血中に検査用の血液も採られます。以前は検査で複数回取られていたので、採血+検査でかなり負担が少なくなりました。
今日は献血の日。
ワンピースのタンコ本を読み終わったので献血ルームに寄付。
献血ルームでもワンピースは人気らしく、かなり喜ばれました。
今回の献血で136回目です。
帰り、大学院に寄ってノートパソコンの回収。
週末に使う予定のため、帰ってセットアップです。
2010. 8. 25 Wednesday 【晴れ】
西武池袋駅。
最近、西武線のイメージが向上している気がするのは僕だけでしょうか?
今日はBmobileを購入
完全定額制。
ネットの速度は遅いけど、外でwebやメールのみを見るには十分かも。
iPhoneやモバイルパソコンなど、それぞれネットの契約をすると高額になるので、無線端末1個で代用。
ドコモの電波が入るところでしたら、どこでも利用できるので全国れぜるで見るとemobileよりいいかも。
先月の長野県の学会でemobileの電波が入らず困ったので、それを教訓にBmonileです。
2010. 8. 26 Thursday 【晴れ】
新宿にあるLA MILLEのカフェ。ここのロイヤルミルクティは絶品です。
1Fの禁煙席窓際は2席のみ。そのため、窓際が空いているときは貴重なのでついつい入ってしまいます。
初めて池袋にあるTipnessOneに行ってみた。
行きつけの池袋のジムがお休みのため。
プールが無いことは知っていたが、落ち着いた雰囲気。
同じ池袋でもTipnessOneは仮設ジムみたいな感じの装いが・・・
プールが無いのが少し残念だが、行きつけの池袋店が休みの時は、300M離れたTipnessOneも選択肢に入るかも。
2010. 8. 27 Friday 【晴れ】
早稲田大学水泳部・水球部寮 稲泳寮(男子大学寮)。所沢の先、小手指駅からバスで早稲田大学近くにあります。
学生はちゃんと栄養バランスを考えて自炊しているのがすごく関心。えらい!!手際も良く、あっという間に1人前が出来ていました。
今日は、所沢を2駅ばかり過ぎた小手指というところにある早稲田大へwebの指導に訪問。
所沢は池袋より涼しいのに感動。
でも、外を歩いているとやっぱり蒸し暑い。
なんやかんやでwebを始めITの講習を行って、かなり感動していた様子。
教えに行ったかいがあった。
2010. 8. 28 Saturday 【晴れ】
小手指の様子。早稲田大学水泳部寮の近くの光景。見ての通り何もありません。見渡す限り畑。
同じく小手指。早稲田大学水球部寮に向かう道。田舎道でなかなかあじがあります。
今日は大学院。
夏休みモードでとても研究テーマをまともに話す雰囲気が漂っていない。
大学院にいってからも話した内容の8割は世間話。
大学院が終わってから行きつけのスポーツジム。
こちらの方が大学院よりよどほ充実している。
最近、計画的にトレーニングしている影響でなかなか調子が良い。
でも、体重は横ばい。なかなか減らないのが難点
2010. 8. 29 Sunday 【晴れ】
新宿丸井。バルト9は13階にあります。
映画を買うためのチケットセンター。日曜日の昼時だとかなり人でいっぱいです。
今日は新宿にあるバルト9に映画を見に行った
「Colofull」一度死んだ人間が、人生の再チャレンジのチャンスをもらい中学三年生の体に乗り移るという設定。
話の落としどころは、自殺した中学三年生が記憶を忘れてまた同じ体に戻り、人生のすばらしさを再認識するという内容。
期待していたほどおもしろくなかった。
映画が盛り上がらなかったので、自宅に戻り昼寝。
気づくと19時。
今日の1日は意外とあっけなかった。

トップページ | 携帯用日記 | フレンチブルドッグのび太 | リンク | 製作実績
Copyright ©2004- Yuichiro Shindo. all rights reserved